人格破壊させるイキ地獄的な攻め、、かと思ったけど違った、、痛すぎる。。

人格破壊 DUGAのエロ動画

この作品にはガイドラインで許可されていない 表現・描写・文言 が含まれている可能性がある、、、この文言とタイトルにある「人格破壊」ってワードに惹かれて購入した作品が思ってたのと違いました、、、見てるこっちが痛くなる、、、そんな動画でした。

 

人の性癖にとやかくゆうつもりもなく自由だと思ってはいますけど、、、相手が悦んでも暴力はやっぱり嫌ですね

人格破壊させる極限処刑部屋ってガチの拷問だった

動画に出演している女性は有名か無名かは、私が知らないだけかもしれませんが分かりません。

ただ、、一見すると普通の女性で20代後半~30代前半くらいかな

 

冒頭では今日自分がされることを男優さんに説明をされてるんですけど、聞いてるだけでいたくなるような事を、この時点では笑顔で聞いてます、、、若干は引きつってますが。

若干は引きつってます
 

次は強制的に脱がされて首輪を付けられてひざまずいての即尺

首輪を付けられて即尺
 

この後は犬のように四つん這いで部屋を歩かされると同時にケツを叩かれる、、そしてバックで挿入、、と、この時点ではいい感じな流れだなって思っては」おりましたけど。。

ケツ叩き立ちバック

人格破壊させるだけのケツ叩き

最初はケツが赤くなる程度で、この時点でも女優さんはまだ笑顔だったんです

ですが器具を使い強制的に尻を突き出させられ薄い板のようなもので叩かれ続けると、内出血を起こして青い痣が目立ち始めるのです。

ケツが内出血
 

女優さんは痛みで泣き出す始末でケツのアップなんて見てられないくらいな感じで、ビックリしたのがそれでも叩き続ける事で男優の方も躊躇しないんですよ

広がる痣に重ねるようにベシって!

 

必死に耐えて終えた先に待っていたのは更なる悲劇でした

人格破壊するだけの鞭打ち

鞭打ちってあくまでもMな男性や女性がちょっとした快楽を得るためのスパイスでプレイの一環程度に思っていたんですよ

でも、、その道のプロがやるとこうなるみたい

鞭打ち
 

背中、知り、ふともも、これだけじゃなくておっぱいまで鞭で叩く、、、これで引いてたんですけど、これでも序章で、 もう私のただですら引っ込み思案なムスコもきゅっと更に縮こまるくらいに、おまんこまで鞭打ちされるのです。

 

おかげで全身に血が滲みミミズ腫れでおまんこは赤く変色して女優さんの息遣いは荒いですが気を失っておりました。

それで解放されてまたしゃぶらせられる

ちょっとこれでムスコがおっきしてきて、流石に攻めはここで終わりかなって思いきやまだまだ中盤であったのです。

人格崩壊させるローソクプレイ

基本的のSMで使われるローソクは専用のもので実は普通のよりも温度が低いのだとか。

ただ、そんな専用ローソクでも内出血を起こして青くなった尻に蝋を落とされたら流石に痛いみたいで「痛い痛い」とすすり泣いておりました。

内出血を起こして青くなった尻

むっちゃしみるでしょうね

お尻が蝋まみれになった後に今度は仰向けになり、これも、、、叩かれ過ぎて変色した「おまんこ」に直接、垂らされて痛みで気が狂いそうになってます

ここでまたムスコもきゅっと更に縮んでしまいましたが、ここまではまだ序章でした。

人格崩壊してるのか分からん

ここまででも十分に痛めつけられてると思ってたんですが、この後に逆さに吊るされてまた鞭打ちをされます、、、これもやっと終われば素人でも知っている三角木馬、、、本当に痛そうで、、「お願いします、、降ろしてください」をずっと連呼してて、なのに息も絶え絶えになりながら降ろしてもらったと思ったら、今度は時代劇でもお馴染みの牢門、石抱きをされながらフェラの強制

ビックリしたのが痛みで顔を歪ませてるのにちんぽを差し出されたら、ちゃんとしゃぶるとこ!!

首輪を付けられて即尺
 

、、、男優さんも、よくあんなに痛がってるのにギンギンに勃つもんだと思いましたよ

そして最終的には挿入されるんですけど、あれだけ悲痛な叫びをあげてたのに「ハァハァアンアン」と小さく喘ぐ女優さん、、、気持ちいいいんかい!

 

結局、目を背けそうになりながらも最後まで視聴して思ったのはよく分からんっことなんですが、作品レビュー欄に投稿された視聴者の意見は冷静すぎて怖い(笑)

 

よくこれを視聴して淡々と「あーだこーだ」と意見が出るもんだと思いますが、、、私には無理な世界感でした。

だって女性のケツは視姦されたり、鷲掴みにされたり、突きあげられたり、電車内で撫でまわされる為にあるのだから!!

以上

※これらは動画配信サイトのDUGAで購入した作品の個人的な感想で、仕組みについては「デュガ動画で新しい世界が開けるかも」に記載しました。

タイトルとURLをコピーしました