組長先生のカメラマンだゾって回を懐かしんだお話

撮る人は撮られる人 生足女子

これは、とある盗撮動画を視聴して「組長先生のカメラマンだゾ」って回を思い出したお話です。

基本的に狙われる女性には特徴があって、共通するのがミニスカで一人で買い物に夢中になっている子だからJKなんて格好のターゲットにされやすいですが、まれに被写体が被ることもあるらしく撮師の方々からしたらあるあるみたい

 

それで盗撮行為を盗撮されてしまった場面がこちらで

執念深い
 

同業者は同業者が分かるようなんですけど、あからさま過ぎて誰でも分かるようなシーンが納められていました(笑)

 

これを見て、クレヨンしんちゃんのテレビアニメ自体は1992年4月から放映されているので、大体の人は見たことがあるかと思いますが「撮る人は撮られる人」ってネタを思い出しましたが、仮に私がこんな子に遭遇したとしても撮影をしようとは思いません。

 

スラっとしたスタイルで黒髪ロングのポニテKかDくらいの年齢

それでいて屈んだら普通に見えそうになるくらいに短いスカートでふとももを晒しながら買い物に夢中な女の子

 

私からしたら盗撮をしてくださいって言ってるようなものなのですけど、見つかったら犯罪です。

※親告罪っぽいので、このあたりの考察はこちらに記述

 

逆さ撮りはプロに任せて、あんな「あからさまな撮り方」しかできない撮られる人になってしまう素人は、普通に買ったほうが人生を棒に振らずに済むと思います。

冒険と無謀は違いますよ(キリッ)

タイトルとURLをコピーしました