秋月紗夜~あぁっオーナーっ…だめっ…私っ…んんっなにかっ…きてしまいそうですっ…

秋月紗夜 ときめきラブフレンズの攻略

メイド希望で清楚な感じな女の子「秋月紗夜」の適正を見るために仕事をさせてみたらって話なんですが、、、個人的にメイド喫茶を持ちたくなってしまいました(笑)

そんな気持ちにさせてくれる駄目イドです。

メイド希望の秋月紗夜の体に教え込むお話

あ、おはようございますオーナー

今日は少し遅めの出勤ですね…何かされていたんですか?

あっ…えっと…今日も中々忙しいですけど、ちゃんとオーナーの言いつけ…守っています……あれ?覚えてないんですか…?

あの…その…えーっと…言うの…恥ずかしいです…本当に覚えてないんですか?

 

えっと、、、ノーパンで過ごせって指示のことかな。

 

そ、そういう事ばかり言うオーナーは嫌いです///あっ…お客様きたのでオーダー聞いてきますね…きゃっ!!!

…ガシャーンッ!!

も、申し訳御座いませんお客様っ…すぐ片づけますのでっ…

━━━━━━━━━

《その後もミスを重ね…その数時間後》

━━━━━━━━━

オーナー、本当に申し訳ありませんでした

あの…やっぱり怒っていますよね…私…いつもミスしてしまって…。もっと…気を付けます…。その…いつもオーナーに言われている事、やりますから…許してくれませんか…?

許してくれませんか
 

まだやってないの?

じゃぁ、、、やってごらん、、、見ててあげるから

※以下は、もしこれから「秋月紗夜をプレイされるなら見ない方が、、、何をしてくれるのか、、ドキドキしたので、、それを味わわないのは勿体ないかも(笑)

 

人が来たらちゃんと教えてくださいね……んっ…///はぁ…はぁ…どうでしょうか…オーナー

これでクビにしないでもらえますか…っ?

私、今日はこんな下着を着けてきました…ちゃんと…見てください…オーナー……

ちゃんと見てください
 

いやらしい下着だね

恥ずかしくないの?

こんなの履いて

 

オーナーに気に入ってもらえるかと思って、この下着にしてきました…わ、私やめたくないんです…ここで変わりたくて…っ…だから…あっ…そんな近くで見られたらっ…んっ…男の人に見られてる…ご、ごめんなさい

恥ずかしくて…足が震えてくるんです…もっと、しなきゃダメですか…?

 

本当に反省してるの?

変わりたいんでしょ!

ならもっと見られなきゃ!

 

分かりました…もっと……これで、いいですか…?///

オーナー…こんな所誰かに見られたら私…うぅ…そんなにじっと見ないでください…やっぱりいやらしい方ですっ…っ…んっ…ごめんなさい

見られると恥ずかしくてっ…体が…はぁ…っ…か、感じてなんていませんからねっ…疑うなら…触って…確かめてみて下さい

※↑音声で聞けます

 

そうだね

いやらしいパンツを履いて見られて悦ぶ変態さんをお客様の前に出すわけにはいかないからね

チェックしなきゃ(サワサワ)

 

んっ…やっ…待ってオーナー…冗談ですっ…冗談だったのに…本当に触って…っんっ…そんな…私、濡れちゃってる…?

嘘ですこんなの…はぁあっ…だめ…オーナーっ…優しく触ってくださいっ…初めは優しく…っ…もう既に足震えちゃってるのに…もっとガクガクしちゃいますからっ…んっ

 

なんで濡らしちゃってるの?

お仕置き中に冗談は言うしパンツを見せて濡らしちゃうなんて本当に反省をしてるのかな?

 

あぁっ…指…入ってっ…んっあっ

声…声でちゃいますからっ…こんな…お、オーナーも、こんな事私としてるって、いいふらされたら困りますよね…?

だからっ…あんっ…はぁ…オーナー…ぁ…少しずつなら怒りませんからっ…お願いっ…します…っ…ゆっくり…触ってっ…あっあっ

※↑音声で聞けます

 
優しく触って

※↑個人的には腕にしがみついて快楽に耐える、このシーンがたまりませんでした。

 

困らないよ

仕事でミスをしたからお説教してたのに勝手に濡らしちゃう変態に襲われたって事にするし。

お願いできる立場だと思ってるの?

 

そんなっ…んっ…はぁ…ぁっ

あぁ…アソコの中…オーナーの指でかき回されてっ…んっ…あっ…ぁ…気持ち…ぃ…んんっやっ…今のは聞かなかったことにしてくださいっ…

オーナーに触られて気持ちよくなってるなんて…っあんっ…体…熱いですっ…人に触られるのがこんなにっ…オーナーは…いつもこんな事他の人にしているんですかっ…?

 

そうだよ

逆に聞きたいんだけど、なんでこんなに濡らしちゃうの?

人が来るかもしれないところで気持ちよくなっちゃうって変態にもほどがあるでしょう

 

そんなっ…ぁっんんっ…だめっ…なんでっ…さっきよりも激しい…んっオーナーの指の形覚えてしまいそうですっ…

はぁ…あぁ…やっ…あぁっ私のアソコから…音聞こえてます…いやらしくてっ…こんなの恥ずかしい…っんんっはぁ…あぁっ

 

そうだね

くちゅくちゅくちゅくちゅって、、ほんと恥ずかしい、おまんこしてるよね

 

…胸も触られたら…本当におかしくなっちゃいますっ…あんっ…あっ…ギュってしないで…くださいっ…そこビリビリして…体がいう事聞かない…んっ…もうだめっ…これ以上はだめっ…

はぁ…はぁ…オーナー様…これ以上私の体に…エッチな事教え込まないでくださいっ…///

代わりに私が…その、ご奉仕してあげますから…じっとしていてください…

本当におかしくなっちゃいますっ
 

このおっぱいを揉む為に採用したんだから遠慮はしないよ(モミモミ)

 

じっとしていてくださいっ…これが男性の…っ…これを舐めればいいんですよね…?

れろ…ちゅぷっ…ちゅぱ…ちゅぱちゅぱ…オーナーの…ドクドクしてる…

ちゅっちゅぱっ…ちゅぱっ…ちゅぱっはぁ…はぁ…この匂い知らないですっ……今まで嗅いだことない…んっ…ちゅっ…ちゅっ…

※↑音声で聞けます.

今まで嗅いだことない
 

どんな匂い?

 

凄く…いやらしい匂いです…ちゅっ、ちゅぱっ…ちゅぱっ…口でされるの気持ちいいんですか…?

オーナーの体も私の時みたいに震えています…んっビクビク…してる

ちゅっ…ちゅぱっ…ちゅぽっちゅぱっ…はぁ…はぁ…こっちまでおかしくなりそうです…オーナー…そちらに座ってもらえますか…?

 

上手だよね

しゃぶり慣れてるのかな?

 

慣れてなんかいませんっ///ぎゅむ…むにゅ…むにゅ…オーナー…これはどうですか…?

男の方はこれが好きなんですよね…?

まだ満足してなさそうだったので…これなら…んっちゅっ…ちゅっにゅる…にゅる…もっと満足してもらえますよね…?

…んっ…にゅる…にゅるにゅるにゅる……どうですか…気持ちいいですか…?

どうですか気持ちいいですか?
 

気持ちいいよ

仕事は使えないから、これからおっぱいだけは使ってあげる

 

ちゃ、ちゃんとお仕事ください///

んっ…オーナーのものが…私の胸の中出たり入ったりしてる…本当になんなんですかこの匂い…体熱くなってきて…んっにゅる…にゅるっにゅぷっ…ちゅっ…れろっ胸で挟みながら舐められるの好きみたいですね…

体がビクビクしています…ちゅっ…ちゅぱっ、ちゅぱっ

 

いや、、、頼んでないのに勝手に色々とやってるから、そっちが舐めるの好きみたいに思えるけど?

 

オーナーならきっとこうして欲しいって言うと思うことをしてるだけです…///はぁ…はぁ…どんどん硬くなってます…なんでですか…?

満足させなきゃなのにさっきよりずっと苦しそうです…

れろ…れろぉ…ちゅぱっ…ちゅぷっ…んっ…ふ…ぅちゅぅ…大きく脈打ってて…熱くなって…ちゅっ…ちゅる…ちゅぅ…はぁ………オーナー、聞いてくれますか…?

※↑音声で聞けます

 

いいよ

どうして欲しいの?

 

あの…私…オーナーにおかしくされてしまったんです…本当はイケナイ事してるって分かってるつもりなのに…触られたり、触ったりしたら…私の体疼いて…いう事聞かなくなってるんです…

だ、だから…オーナー…その…///や、やっぱりちゃんと……ちゃんと言わなきゃいけませんか…?///

 

そうだね

ちゃんと何をして欲しいのか?

はっきり言わないと分からないよ

 

じっと見られてるだけじゃ嫌なんです…

さっきはいやだって言いましたけど…私の体に、さっきの続き…もう少しだけ教えて欲しいんです……お願いします、オーナーのものが欲しいんです…もう待てない…私の中に入れて下さい…オーナー…///

私の中に入れて下さい
 

ものって何?

何を何処に入れて欲しいの?

 

そ、それは…おちんちんを…///

んっ…んぁぁっ……ふっ…んぅっ…っ…お、奥まで…入ってる…アソコの中にオーナーのものが入ってますっ…

こんなところまで…届くなんてっ……はぁっ…あっこれが…さっきの続き…こんなの初めてですっ……んっ入れて終わりじゃないの…知ってますから…ゆっくり動いてくださいっ…

 

もちろん

いっぱい突いてあげるよ

 

あんっ…あっ…あっ…ぁっそん、なっ……手でされてた時よりずっとっ…

あんっ…っ…指より…引き抜かれる時間が長くて…んっあぁっ…ぅっ…っ違いますっ…気持ちよくなってなんかっ…でも…っ…んっゆっくり…されるの…変になっちゃいそう…ですっ

変になっちゃいそう
 

どう?

気持ちいいでしょ、、おちんぽは?

 

これ…すご…い…んっ…あぁっオーナーっ…だめっ…私っ…んんっなにかっ…きてしまいそうですっ…くるっ…くるっ…んんんっ…はぁ…はぁ…

今のって…///あっ…次は後ろから…ですか?

分かりました…オーナーっ…見られるの恥ずかしいですから……早く、早く入れてください…っ

※↑音声で聞けます

 

次はバックで攻めれるみたいですが秋月紗夜の攻略はここまで。

 

この子のプロフをちゃんと読まず始めたので最初は金持ちが屋敷で飼ってるメイドちゃんかと思いましたが雇用主と従業員の関係でした。

それで攻略をしてて思い出したのが、とあるお店のメイドにハマった男の話

 

彼は1人のメイドに入れ込み総額で、確か600万円くらいお店で使っているのだとか、、、メイド喫茶と言ってもアツコールを提供していないだけで、要はコスプレしたキャバ嬢と変わりません。

お店の女に恋をし熱くなったところで成就するなんてありえない話。

 

ただ今回、攻略して思いついたのが、、、この人、、600万も出すなら自分でメイド喫茶を始めた方がよかったのでは?って(笑)

もちろん立地によっては資金が足りないかもしれませんが、自分で店を持って自分の好みを雇って営業をすれば、少なくても客として相手をされるよりも可能性があるでしょうに。。

だって、、、恰好から見た目だけが清楚なだけで中身はビッチだと思いますよ(笑)

※この男の話はこちらに記述

 

メイド喫茶に600万、、、イメクラでコスプレをして貰った方がスッキリできたことでしょう。

何回ヌけたんだろ?

お金が絡む関係は入れ込んだら負け!で、熱くなるのは股間だけで十分ですね

 

※上記で攻略した「秋月紗夜」はアダルトチャットゲームの二次姫プロジェクトに登場するメイドです。

特徴は「仕組みは予想外に良い感じでした」に記述

 

タイトルとURLをコピーしました