妻の連れ子の入浴中に~いやぁッ…んっんぐぅうぅうッ!

妻の連れ子の入浴中に エロ漫画の読書感想文

2023年の始め、女性側はシングルマザーのみが利用可能なマッチングアプリがリリースをされて、すぐに配信が停止となりました。

様々な懸念からによる批判が集中したからに他なりませんが、一番の留意すべき点は女性はシンママのみなのに対して男性には制限がないこと!(年齢などは除く)

 

利用をしようとする男がシンパパなど同じ環境なら、もしくは好きになった女性が結果的にシンママならまだ分かりますが、独身で最初から子連れの女性を対象として出会いを求める事に、やはり誰もが違和感を持ったようです。

 

大人の事情で犠牲になるのは、やはり子供!

これは…そんな気持ちで読んでしまったら気分を害するかもしれませんが、それくらい突き抜けた内容となっております。

気分を害する
 

妻の連れ子の入浴中に起きた…起こした秘め事

俺はずっと良い父親でいようと思ってきた

すみれ…妻の連れ子の「すみれ」を我が子と想い大切に育ててきた…妻の由美子は、今夜は女子会…戻るまであと3時間はあるだろう

こんな卑怯な手を使うなんて…最低だ…バチン

 

《浴室にて》

 

すっ…すみれ~

どうも停電みたいだぞ~

   

ランタンを持ってきた…大丈夫か?すみれ…がらっ(浴室のドアを開ける)

   

(義娘の裸を見つめる男)

   

すみ…れ(ふらふらと近づく)

   

はぁはぁはぁはぁ

   

ベロッジュブブブッ…ジュブ♡

   

すみれ…声をださないで…くれ…頼む(べろべろべろ…じゅるるるるる)

   

すみれ…すまないっ!

すみれ…お義父さんを許してくれ(ギンギンギン)

   

頼む…怒らないでくれ…

   

あぁ…すみれ…俺はなんてことをしてしまってるんだろう…だが…もうここまで来てしまった

すみれ
 

すみれの乳房…すみれの乳首…こうしたかった(べろべろぢゅうぅぅぅちゅぽんッ)

 

妻の連れ子の入浴中に…本当に有り得る

連れ子が犠牲になる事件には、さまざまな種類があり以下に代表的なものをいくつか挙げてみました

 

①虐待や遺棄:連れ子が実親や継親から虐待を受けたり遺棄されたりする事件が報道されることがありますが、虐待は身体的なものだけでなく心理的なものも含まれる

②餓死や衰弱:実親やそのパートナーによる餓死事件もあり、食事を与えられず栄養失調に陥らせる場合

③児童ポルノ事件:連れ子を被写体とした児童ポルノ事件も起こっており、知人が連れ子を被写体として児童ポルノを撮影しインターネット上で販売したり交換したりするケース

④監禁事件:実親や義親による監禁事件もあって、子どもを閉じ込めたり自由を奪う

 

などなど、こういった連れ子に関わる事件があり、それ以外にも様々な事件が報道されています。

もちろん全ての連れ子が、このような目に合うわけではなく一部に過ぎないかもしれませんし、ご都合主義的な面もありますが、本作品は行為そのものが生々しく感じます

 

妻の連れ子の入浴中に貪るシーン

義娘を貪るシーンが本当に生々しい…そう思ってしまいそうになるほどに義娘の体の描写に、それに夢中になる義父親…それに加えてキモオジとJKと言うタブーな組み合わせが逆に行為そのものに鮮烈さを与えるのです。

男子高校生みたい
 

レビューにも「人を選ぶ」とありましたが本当にそうで、理性を放り出して母にナイショで獣のように交わる…この家族の結末は!…おじさん世代以外は胸糞かもしれませんね